読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年/村上春樹

 

二冊目はこちら。

人生で初めて村上春樹を読破した(教科書に短編が載っていたかもしれないが)。

 

元々読書家の家族も村上春樹は何を言いたいのかわからない、遠回しすぎるなどという理由で彼の著作を好まなかった。

そういうどちらかと言うとネガティブな意見を聞き、さらに教科書の短編をちらっと読んでよくわからなかった経験もあり、彼の作品は今まで手を付ける気にはなれなかった。

 

彼の新たな小説が発表され、世間を賑わせている。

ニュースやドキュメンタリーで特集される世の中の熱狂ぶりに触発され、少し興味を持った。

その矢先、たまたま家族とこの騒ぎについて話していると父が本棚からまだ定価カードも抜いていないこの本を取り出してきたのだ。

 

ほぼ新品のその本を買ったはいいものの、彼の文章は口に合わず読むことを放棄していたらしい。

 

最初の1ページ目を理解するのに通常の3倍の時間を要した。

彼の抽象的な文章は自分にも合わないのではないか、と思った。

 

気がつけば吸い寄せられていた。

難解な表現は何度も読み返す必要があり、決してスラスラと読めたわけではない。

常に頭をフル回転で使わないといけなかったし、読んでいて疲れたのも事実だ。

 

しかし村上氏が描く人間の内的・精神的世界や的確な比喩表現は自分の心にすっと馴染んだ。気取った言葉遣いや表現が心地よかった。

文体やセリフは日常生活とは異なっており、浮世離れした印象を受けた。

しかし描かれている内容は等身大の人間の悩みであり、私達が生きる現実世界そのものだった。

今まで読んだ小説の中で一番性的表現が多かったが、しかしそれは人間の心の内面を映し出すには必要不可欠な要素だからだろう。

 

ハルキストの気持ちが少しわかった。

 

同時に彼の著作を中学生時代に読まなくてよかったと思った。

間違いなく厨二病を加速させる。

 

大学生が読んでもそれはそれで大二病になりそうだけれど。

ともかくある程度自己の価値観が形成されてから読むべきだと考える。

 

100%この世界観に影響されると世間から疎まれる人間になると思う。

 

別の村上作品も読んでみたい。

ハルキストにはならないと思うが。

 

追記:下記のリンクを貼り付けるために検索したところ、解説書まで沢山出てきてびっくりした。こんな作家現代にもいたんだ。知らない世界だ。

 

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
 

 

 

 

フィッシュストーリー

フィッシュストーリー/伊坂幸太郎

 

読書感想文、記念すべき一冊目。

中篇集で片手間に読んでたので時間がかかった。

 

「動物園のエンジン」はそこまで面白くなかった。

あ、そうって感じ。

 

「サクリファイス」はまあまあ。

 

「ポテチ」はそこそこ長かった。重要な伏線に気付けなかったのが悔しい。

読書の習慣がここ数年で無くなっていたからだろうか?

 

表題作の「フィッシュストーリー」が一番気に入った。

断片的な物語が全てつながる瞬間が実に爽快であった。

分量自体はさして多いわけではないけれど、旨味が凝縮されている感じ。

読了後、ああそうだったのか!と膝を打ちたくなる物語だった。

 

伊坂氏の作品は5年ほど前に「ゴールデンスランバー」と「陽気なギャング」シリーズを一度読んだきりだった。

どちらも興味を惹かれたことは覚えていたが、彼の文の印象まではあまり覚えていなかった。

今回読んで、彼は息の早い人間だなと思った。句読点が多い。

あと客観的情景描写も多いような気がした。

 

とにかく、「フィッシュストーリー」の爽快感は最高だった。

 

自分の語彙力が足りないことを実感した。

 

フィッシュストーリー (新潮文庫)

フィッシュストーリー (新潮文庫)

 

 

 

案の定

三日坊主どころの騒ぎではなかった。

一日書いて終わった。

書くことがないわけではないんだけれど。

 

折角だから読書の記録でもつけてみることにした。

新カテゴリでも作ってみよう。

 

眠いんだけどね。

最初の記事

4、5年ぶりにブログを再開した。

誰かに見せるわけでもないしどうせすぐ飽きるんだと思う。

ただ文章を書くのは好きだから続けられるだけ続けたい。

 

今日から2月。

学校は無いから本来ならゆっくり休むべき月だろうがお金欲しさにバイトのシフトを増やした。これで後から愚痴るんだから意味が分からない。

お金が欲しいからバイトをする。稼いだ金を使う暇もなくまた出勤する。

何のためのお金なのか自分でもよく分からない。

 

時天空が亡くなった。まだ37歳。

千代の富士北の湖は現役時代を知らないから「ああ亡くなったんだな」としか思わなかったけれど、現役をこの目で見たことがある人が亡くなるのは悲しい。

幼い頃から彼の名前はよく聞いていた。

人が死んだ喪失感というものをなんとなく味わった。

 

まだ交流したことのある親戚が誰も亡くなっていない。

この歳までそのまま来れたのは幸いなのかどうなのか。

 

珈琲の香りが精神安定剤みたいな今日この頃であった。

日が昇ったら久々に映画を見て美容院にも行く予定だ。

 

本当は家で寝ていたいのだけど。

約束だから仕方がない。