読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィッシュストーリー

読書感想文

フィッシュストーリー/伊坂幸太郎

 

読書感想文、記念すべき一冊目。

中篇集で片手間に読んでたので時間がかかった。

 

「動物園のエンジン」はそこまで面白くなかった。

あ、そうって感じ。

 

「サクリファイス」はまあまあ。

 

「ポテチ」はそこそこ長かった。重要な伏線に気付けなかったのが悔しい。

読書の習慣がここ数年で無くなっていたからだろうか?

 

表題作の「フィッシュストーリー」が一番気に入った。

断片的な物語が全てつながる瞬間が実に爽快であった。

分量自体はさして多いわけではないけれど、旨味が凝縮されている感じ。

読了後、ああそうだったのか!と膝を打ちたくなる物語だった。

 

伊坂氏の作品は5年ほど前に「ゴールデンスランバー」と「陽気なギャング」シリーズを一度読んだきりだった。

どちらも興味を惹かれたことは覚えていたが、彼の文の印象まではあまり覚えていなかった。

今回読んで、彼は息の早い人間だなと思った。句読点が多い。

あと客観的情景描写も多いような気がした。

 

とにかく、「フィッシュストーリー」の爽快感は最高だった。

 

自分の語彙力が足りないことを実感した。

 

フィッシュストーリー (新潮文庫)

フィッシュストーリー (新潮文庫)